2156円 スズメの会合 ブローチ:Palnart Poc(パルナートポック) ジュエリー・アクセサリー レディースジュエリー・アクセサリー ブローチ スズメの会合 ブローチ:Palnart Poc パルナートポック 送料無料 mpri.org.by,2156円,/sedan1195133.html,ブローチ:Palnart,スズメの会合,Poc(パルナートポック),ジュエリー・アクセサリー , レディースジュエリー・アクセサリー , ブローチ 2156円 スズメの会合 ブローチ:Palnart Poc(パルナートポック) ジュエリー・アクセサリー レディースジュエリー・アクセサリー ブローチ mpri.org.by,2156円,/sedan1195133.html,ブローチ:Palnart,スズメの会合,Poc(パルナートポック),ジュエリー・アクセサリー , レディースジュエリー・アクセサリー , ブローチ スズメの会合 ブローチ:Palnart Poc パルナートポック 送料無料

スズメの会合 ブローチ:Palnart Poc パルナートポック 人気ショップが最安値挑戦 送料無料

スズメの会合 ブローチ:Palnart Poc(パルナートポック)

2156円

スズメの会合 ブローチ:Palnart Poc(パルナートポック)








スズメの会合 ブローチ:Palnart Poc(パルナートポック)

ピーチク、パーチク。楽しく会合中のスズメがキュートなブローチになりました。なにやら討議は盛り上がっている様子。一体今日のお題はなんだろう?と思わず気になってしまいますね。お好みの場所に着ければたのしくお出掛けができそう。帯留め代わりにもおススメ。

サイズモチーフ:横4.6×縦3.9cm
仕様・素材ピューター
生産国日本
その他


ブランド紹介

palnart poc(パルナートポック)ブランドロゴ

まるで絵画から飛び出して来たかのような、色彩豊かで温かみのあるレディースアクセサリーブランド、Palnart Poc(パルナートポック)。

「やさしいデザイン」をコンセプトにどこか懐かしく、ユニークで大人の女性も楽しめる愛らしい作品を作っています。

繊細な造形と豊な世界観にはたくさんのこだわりが詰まっています。

1.メイドインジャパン
まるでアートのような繊細なアクセサリーだからこそ日本製(Made in JAPAN)にこだわっています。

2.手作業へのこだわり
繊細なモチーフのため立体的なモデリングはデザイナーにしかできない技。シンプルなものから複雑なものまで、すべてがハンドメイドで作られています。

3.特別な発色塗料
デザインを活かすための鮮やかな発色はすべてハンドペイント。独自の手法を使って着色しています。

4.動物たちへのこだわり
猫(ネコ)、犬(イヌ)、クマなどの哺乳類、カエル、ヤモリなどの両生類、ヘビやトカゲなどの爬虫類、昆虫など様々な動物たちの躍動感あふれる一瞬を切り取るように造形しています。

5.花へのこだわり
フラワー(花)、植物など明るく伸び伸びとした印象にこだわり、身に着ける人の気分まで明るくなるように造形しています。

6.自然へのこだわり
スター(星)、月、空、雲、海など世界を彩る大自然を、独自の世界観で美しく壮大な印象を大切に造形しています。

7.自由な発想のデザイン
野菜、果物など日々の生活で身近なものや架空のものまで、毎日を楽しく彩り気がつくとクスッとしてしまうような物語を感じさせてくれる作品を自由な発想でデザインしています。

8.アクセサリーごとのこだわり
リング、ピアス、イヤリングは小さなモチーフに豊かな世界観をそっと閉じ込めるような感覚で、ネックレスやブローチはその世界観を自由に大きく広げるような感覚で作っています。

PalnartPoc(パルナートポック)のアクセサリーはカジュアルにもフォーマルにも使える自分使いにはもちろん、大切な人やお友達の誕生日やお祝いにプレゼントすると、もらった人の驚いた顔や笑顔を見ることができる楽しい作品たちです。

スズメの会合 ブローチ:Palnart Poc(パルナートポック)

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。