ガバ ド シル 2019 [宅送] ロドリゲス テルモ 赤ワイン ガバ ド シル 2019 [宅送] ロドリゲス テルモ 赤ワイン ロドリゲス,テルモ,),/knapweed1389489.html,1805円,],[,ド,2019,ガバ,mpri.org.by,(,その他,シル,赤ワイン 1805円 ガバ ド シル [ 2019 ] テルモ ロドリゲス ( 赤ワイン ) その他 ロドリゲス,テルモ,),/knapweed1389489.html,1805円,],[,ド,2019,ガバ,mpri.org.by,(,その他,シル,赤ワイン 1805円 ガバ ド シル [ 2019 ] テルモ ロドリゲス ( 赤ワイン ) その他

ガバ ド シル 2019 25%OFF 宅送 ロドリゲス テルモ 赤ワイン

ガバ ド シル [ 2019 ] テルモ ロドリゲス ( 赤ワイン )

1805円

ガバ ド シル [ 2019 ] テルモ ロドリゲス ( 赤ワイン )






■ヴィンテージについて■

現在ヴィンテージが2011年から2012年に移行中です。
どちらかのヴィンテージでのお届けになりますが、ご注文時にヴィンテージの指定はお受け出来かねますので、ご了承の上、お買求め下さい。


『しゃぶしゃぶと一緒に』ひろゆき1048様
お正月用に購入しました

すっきりした味わいで、非常においしくいただいました。

今回、しゃぶしゃぶと一緒にいただきましたが、いい組み合わせだったと思います。


30倍の味?!
漫画『ソムリエール』に登場!


雑誌『ビジネス・ジャンプ』(2009年9月2日号)に連載中の漫画『ソムリエール』は、ご覧になりましたか?

抜群のテイスティング能力と知識、ワインに対する純粋さ、深い愛情の持ち主である、主人公のソムリエール『樹カナさん』が任されたワイン・バーで、今月黒字を出さなければ、閉店という危機が目前に…。

運命の月末、経理のスペシャリストであり、ワインに30年以上親しんで来た人物に対し、ブラインドでワインをサービスするようにと、オーナーに指示された主人公の『樹カナさん』は、1本のワインを選びます。

そのワインに、彼は、迷い無く的確なコメントをします。


【味わいのコメント】

『シラー100%を感じさせない繊細でエレガントな香り。

滑らかで奥行きのある味わい…これぞ、ワインの正統

そして、更に、ワインの真相に迫ります。

『北ローヌにおいて最も尊敬され『エルミタージュの魔術師』とも呼ばれる1本

ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ、ヴィンテージは2003年…間違い無い
(漫画『ソムリエール』より)


トップ・クラスのエルミタージュの生産者、ジャン・ルイ・シャーヴの2003年は時価4万円を下らない、名実共にエルミタージュの頂点に位置する1本。

が、実は、カナが注いだワインは、なんと、タカムラで、当時、1本2200円で紹介していた、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006だったのです!!

その価格、ゆうに20分の1、いや、30分の1のワインの快挙に、『ソムリエール』を読みながら、思わず、『テルモ、すごい!』と、ガッツポーズ(笑)

スペインの土着品種、メンシアは、今、スペイン・トップの造り手も注目し、この品種を使ったワインが、ロバート・パーカー氏から『99点』を獲得するなど、注目を集める品種です。

そんなメンシアを使って、時価4万円を下らない、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003を彷彿とさせる、驚くべきワインを造ったのは、そう、今までにも、数々の眠れるスペインの秘宝を蘇らせて来た、テルモ・ロドリゲス氏です!

このテルモ・ロドリゲス氏は、以前、タカムラを訪問してくれた事があるので、覚えているお客様も多いと思います。

そんなガバが、今ならご用意出来ます!

ライバルは最高のエルミタージュ!
スペインの秘宝、味わうなら今です!!


【漫画『ソムリエール』で!】

『バルデオラスは、長い間、三流のワイン産地でした。

収穫されたブドウは協同組合に『キロいくら』で安く買い上げられ日常用の安ワインになりました。

若いテルモ・ロドリゲスはバルデオラスに打ち捨てられた畑を見つけます

収量制限によってブドウを完熟させ現代的な醸造方法を用いて驚くほど高品質な赤ワインを生産しました

彼以外にも5年ほど前からこの地域に若いワインメーカー達が押し寄せ現代的なワインを生み出しています。

ガバ・ティントの日本での市価は1800円程度。

シャーヴのエルミタージュの20分の1以下でこの味が作れるんです

(『ビジネスジャンプ2009 9月2日号』掲載の漫画『ソムリエール』より抜粋)


主人公の樹カナがこう説明した、スペインの土着品種、メンシアで造る、テルモ・ロドリゲスのガバ・ド・シル2006。

『ソムリエール』のビック・ニュースを、早速ご紹介しようと準備を進めていた矢先、あまりにも偶然に、このワインの底力を実感する、凄い経験をしてしまいました。


【実話】
たまたま、お知り合いのワイン関係の方お二人と、とあるお店に出掛けたのですが、そこのソムリエさんは、事情通には良く知られた人で、ワインの美味しさを引き出す事にかけて、ピカ一の才能をお持ちの方。

そこで、色々お話をしていると、突然そのソムリエさんが、一杯の赤ワインをグラスに入れて、持ってきたのです。

と、同時に、テーブルに置かれたボトルは、あのガバ・ド・シル2006ではありませんか!


『飲んでみて。』

赤ワインにしては、やや小ぶりなグラスに、グラスの膨らみの部分よりやや下あたりまで注がれたそのワインを、促されるままに飲んでみると…


『うわっ、シャーヴだ!!』

そう、まさに、ガバの持つ、ジャン・ルイ・シャーヴのエルミタージュ2003年を彷彿とさせる味わいを、ソムリエールを読んだその日に、実体験してしまいました!

私だけでなく、業界も長く、数々の銘ワインを知る同席のお二人も…


『おぉ、ホントだ!凄い!!』


と、思わず大興奮!

まるで、『ソムリエール』の一幕に、自分も居たかのような経験でした…。

しかも、少しワインの量を増やしたり、グラスを変えると、その味わいはまた変化します。

このワインの持つ味わいの懐の広さに、改めて感服!

メンシアという品種、あまり耳慣れないかと思いますが、只今、スペインのトップの造り手が注目、テルモ・ロドリゲス氏以外にも、アルバロ・パラシオス氏ラウル・ペレス氏がメンシアのワインを手掛け、何と、そのワインの1本に、ロバート・パーカー氏は98点をつけた上…


『(DRCの)ラ・ターシュのグレート・ヴィンテージを思わせるアロマ』


とまで、言わせているんです!

こんな、大注目の品種、メンシアを、今までも、産地、品種、ワインともに、スペインの眠れる秘宝を発掘して来たテルモ・ロドリゲス氏が手掛けたんですから、鬼に金棒(笑)

ライバルは最高のエルミタージュ!

テルモが見出したスペインの秘宝、味わうなら今です!!

★冷暗所での保管をお勧めします。


ガバ ド シル [ 2019 ] テルモ ロドリゲス ( 赤ワイン )

')

<title>ガバ ド シル 2019 [宅送] ロドリゲス テルモ 赤ワイン " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報